Tag Archive 爪相談

マタニティネイル

昨日は出産間近の元受講生がネイルケアに来てくれました

妊婦さんのネイルについては様々なご意見があります。
絶対ダメという人もいらっしゃれば、しないことでストレスならした方が良いと言う方、医学的科学的根拠が今の所無いから問題ないと言う方、色々です。
私は、順調にマタニティライフを過ごされていたら、ご本人がしたいならして良いと思っています。ただし、サロン環境はしっかり換気と空気清浄、ゆったりリラックスできる椅子の準備が必要かなと。
でも、出産前には自爪に戻されることをオススメします。
私自身は出産経験はありませんが、お産は何が起きるか分からないそうです。
万が一麻酔が必要になった時、ドクター始め医療スタッフは爪の色を観察なさいます。また、センサーを指先に付けるので装飾があると正確な観測ができなくなる可能性があります。
そう言う観点から、当店では、出産間近の方や、ご体調が優れない妊婦さんへのネイルアート(カラーリングやクリアだけのジェルを含む)はしない方向でお話しています。
妊婦さんに限らず、手術を受けられる時は病院からもネイルはオフしてくるように言われると思います。
何事も万が一に備えておくことが安心ですね。

母子ともに元気に退院をお祈りしています

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

アスリートの爪トラブル

日曜はジュニアを含めスポーツ選手が多くご来店くださいます。

と言っても、当店は完全予約制。

爪のトラブルの対処方法に「コレ!」というマニュアルは存在しません。
施術方法にはある一定の技術はありますが、このトラブルにはこの技術というものが存在しないのです。

なぜなら、競技種目が違う、ポジションが違う、その人の力加減も違う、身長も体重も違う、、、似通っていても皆さん違うからです。

スポーツをする人(アスリート)にとっては原因は似ていても、対処方法はその時々で変わります。

いつもその時々でカウンセリングが大事になって来ます。

選手とそうなった時の状況、次の試合などのスケジュール、最近の体調の変化、手足の温度、皮膚の弾力や硬さ、爪の色、姿勢、、、沢山話をします。

一般の方なら「生活しやすくなれば」という感じでしょうけれど、アスリートの場合は「明日の試合に間に合わせてほしい」のか、「数週間後、数ヶ月後の試合に間に合えばいい」のかでも対応が変わってきます。

選手自身がどうしたいか、どうして欲しいか、それを基準に私の持てる力を擦り合わせてその時に一番良いと思うことをしていきます。

ですから、時には何もしないで様子を見るという判断をすることもあります。(もちろんカウンセリング料は発生します)

急を要しないのに人工物を乗せてしまうと、人間の能力は時に異物と判断し体から排除しようとすることもあります。また、人工物があることで「爪の機能」そのものを弱らせてしまう可能性も大いにあります。  明日、明後日、1週間以内でない限りはなるべくアクリルもジェルも使わない方針で施術しています。

人間の自己治癒力、再生能力を高めてしなやかな爪を育てる方が大切ですから。

今回も選手たちには、姿勢のチェック、カラダの歪みを自分で直すトレーニング方法を伝えたり、爪の長さ形を整え、爪周りやつま先、足の裏の角質のケアで終了です。

足の爪と姿勢はとても密接に関係しています。色の変わり具合、カーブ率などが体のことを教えてくれます。

食事、排泄、免疫力、トレーニング、技術的な勉強、身体のケアはアスリートには当たり前のことです。この中のカラダのケアや排泄の部分に「爪」からの観点を入れてもらえたら、新たな発見につながると思います。

お爪のトラブルやご相談はネイルスタジオAまで 050-1278-4638

Tags, , , , , , , , , , , ,

巻き爪ケア

巻き爪って痛いですよね。
一見フラットに見える爪でもちょっと食い込むだけで痛い場合も。
頭のてっぺんまで痛くなります。

痛くなると歩くどころか立つのも辛くて、さらには正座も辛い。。。(ToT)

色々原因ありますが、多くは姿勢の悪さと体重のかけ方、爪の切り方と形。
かかと重心で立つ人は巻き爪になりやすいのです。
切り方が悪かったり深爪でなっていることも。

その次に考えられるのが、足の指の骨が平たくない場合や、糖尿病によって骨がなくなってしまった場合も巻きます。

スポーツが原因のこともあります。
乾燥もダメです。
先天性ということもあるかもしれません。

ここまで来るとご自分に思い当たる節があるのでは?

靴が原因だと言われますが、無いわけではありませんが、主な原因としては少ないかもしれません。

手っ取り早く痛みから解放されたい場合は、病院で手術です。

手術は嫌だなぁという場合は、
時間はかかりますが、姿勢を正しくつま先体重を意識することから始めましょう。
足の親の腹に圧力がかかる様なありとあらゆるトレーニングもします。
きちんとサロンに定期的にお越し頂ける場合に限り、平たく生えて来るまで複数のネイル技術でサポートしていきます。

どんな方法だとしても、爪の病気や内科的疾患がある場合はそちらもしっかり治療なさってください。

爪だけに着目しても巻き爪に限らず、爪は綺麗には育ちません。
生活習慣、姿勢などを総合的にケアしていってください。

爪のトラブルのご相談は
ネイルスタジオAへ。
050-1278-4638

Tags, , , , , , , , , , , , , , , ,